MENU

チントレではペニス増大は望めない。その理由とは

チントレ ペニス増大 意味ない

 

ペニスは、海綿体に血液が供給されることで勃起します。海綿体はスポンジ状の組織でたくさんの血管が走っています。勃起する際は、血管からスポンジ状の組織に血液が供給され、海綿体が膨らみ、勃起します。

 

良く勘違いされていますが、ペニスは決して筋肉でできているわけではありません。そのため、一般的な筋トレに相当するようなやり方のチントレでは、意味が無いばかりか、海綿体や血管を損傷する恐れがあります。

 

そもそも、筋肉がトレーニングで強化されるのは「超回復」と呼ばれる作用のおかげです。筋肉は、トレーニングで損傷すると回復する際に以前よりも筋肉の量が増えます。この特性を超回復と言い、限度はありますが、負荷をかけることで筋力が増していきます。

 

しかし、海綿体や血管は構造が異なりますので、超回復は起こしません。チントレの場合、筋トレに近い、「ペニスを引っ張る」といった刺激や筋トレと同じような負荷をかけるものも多く、海綿体や血管に損傷を与え、勃起に悪影響を与えることも少なくありません。

 

繰り返しですが、海綿体や血管には超回復の特性がありませんので、筋トレと同じ要領で刺激や負荷をかけても意味はありません。

 

ただし、チントレのすべてが無意味なわけではなく、意味のあるものも存在します。ポイントは血行の改善です。

 

勃起時には、海綿体に血液が供給されますが、供給量が多いほどペニスが硬く、大きくなります。血液の供給量によって、勃起時のペニスの大きさが左右されるわけです。例えばマッサージをすることで血管周辺の筋肉がほぐれ、血流が良くなる場合があります。

 

血流がよくなれば海綿体への血液供給も増え、勃起時のサイズや硬さが改善されるのです。繰り返しですが、チントレを有効なものにするには、いかに血行を改善するかが重要になります。海綿体を膨らませるのは血液ですので、血行を改善することで海綿体の膨張率を上げ、勃起時のサイズや硬さを向上できます。

 

残念なことに、チントレも続けなければ意味がありません。人体には環境に適応する力があり、血管も環境に適応することで太くなり、血流量を増やします。チントレによって血管が太くなったり、血行がよくなるのは、チントレによってもたらされた環境に適応した結果です。

 

そのため、チントレを止めると環境もチントレ前に戻り、勃起時のサイズも元に戻ってしまいます。勃起時のサイズを維持するにはチントレを続け、ペニスの大きさを維持できる環境を続けることが重要です。

ペニスは血管を太くして血液が流れる量を多くすることで増大は可能

ペニス増大 可能

 

海綿体を増やすことはできますでしょうか。答えは不可能です。

 

血管は、基本的に新しいものができるということはありません。糖尿病性網膜症のように、本来は存在しない場所に血管が新しくできるのは病気です。毛細血管のように一部例外はありますが、基本的に人体で新しく血管ができることはありません。

 

ですが、血管は拡張することで断面積を増やし、血管を流れる血液の量を増やすことはできます。冷え性に悩む女性がダイエットのために運動を習慣にしたところ、冷え性やむくみが治ったという話は良く聞きます。

 

これは運動によって新陳代謝が高まり、体全体で多くのエネルギーが必要になり、血液を全身に行きわたらせるために血管が拡張し、結果、冷え性やむくみといった血行不良からくる症状が改善したということになります。

 

そのため、血管を増やすというよりかは、血管を太くする、あるいは血管を柔軟にして拡張しやすくすることで勃起力を維持、改善することができます。

 

実は、AV男優も一般人、いわゆる素人に比べて海綿体が大きく、ペニスの血管も太いという話があります。実際、AVを撮影するうえでは、リハーサルも含め長時間勃起を維持する必要があります。そのため、素人とは比較にならないほどペニスを酷使しする環境に体が適応し、海綿体や血管が太く、大きくなったのではないかと言われています。

 

そのうえ、日本ではAV女優1万人に対して、AV男優は70人と男女比も大幅に偏っていますので、1人のAV男優が複数の現場を掛け持ちするのも珍しくなく、結果としてペニスは過酷な環境に適応せざるを得なくなります。

 

多少個体差はありますが、人間も含め、生物は環境に適応できますので、ペニスの大きさや硬さに悩む人はペニスを酷使する、もっと言えば長時間勃起させることで海綿体や血管を「鍛え」、ペニスを大きくすることができるのです。だからと言って、AV男優になればいいというわけではありません。

 

どちらかと言えば、「自身の限界を超える」ことが重要になってきます。人間は、自分の本当の限界の前に、「ここが限度だ」と考える傾向があります。そのため、自分のポテンシャルが思った以上に高いという場合も珍しくありません。

 

このような考え方は、過剰な負荷を防ぐという意味では非常に重要です。しかし、耐えられる負荷を過剰な負荷と勘違いして、充分なトレーニング効果を得られない場合もあります。

 

そのため、チントレを行う際は、過剰な負荷に注意しつつも、充分な負荷をかけ続けることで、勃起時のペニスをサイズアップることができます。

ペニスを大きくするチントレの具体的な方法

ペニス増大 チントレ 方法

 

それでは、ペニスを大きくするチントレの具体的な方法についてお話しします。

 

まずは、「毎日フル勃起させる」こと「勃起をできるだけ長時間維持する」ことです。お分かりかと思いますが、これはAV男優に近い環境を自ら作ることを目的にしています。

 

勃起する回数を増やし、毎日継続的に勃起させれば、勃起がしやすくなり、いざというときに勃起しなくなるということもなくなります。しかし、「フル勃起」させなくては意味がありません。日常生活で半勃ちくらいになることは多いでしょうか、フル勃起は意図しないとなれません。フル勃起の回数を増やすことで、勃起するときも半勃ちではなく、フル勃起になりやすくなります。

 

また、勃起する時間も重要で、長時間勃起させる癖をつけないと、勃起できる時間が短くなります。そうでなくとも、加齢などで筋肉が衰えると勃起できる時間は年齢ともに短くなっていきます。そのため、長時間勃起させることは、長距離走などと一緒で、慣れるまで訓練が必要になります。加えて、勃起時間が短く、すぐに絶頂してしまうようでは、早漏の原因にもなります。

 

チントレは、単に勃起させるだけではありません。勃起力を維持できる体内環境を保つことも重要になってきます。

 

とあるAV男優によれば、勃起力を保つために、「毎日2回以上の射精」、「禁酒」、「2時間の筋トレ(スクワットなど)」、「体を冷やさない」ことを毎日行っているとうことです。かなりストイックな方なので、全てをまねすることはできませんが、考え方をまねすることはできます。

 

例えば、新陳代謝や勃起力を維持するための「筋トレ」や「体を温める」こと、精子の生産量を落とさないための「毎日射精」などご自身の生活環境や体質に合った対策をすれば、おのずと勃起力は高まります。

 

また、トレーニングには食事の改善もつきものです。上記のAV男優によれば、トレーニングと並行して「マカ」、「ガラナ」、「BCAA」,「アルギニン」、「亜鉛」、「マルチビタミン」を毎日摂取しているとのことです。どの成分も精力剤でよく見かける滋養強壮効果の高いものばかりですので、ある意味ここまでしなければ務まらないほど、AV男優は過酷な職業だといえます。

 

それはさせおき、これらの成分は、滋養強壮効果もさることながら、一般的な食生活では摂取できなかったり、摂取量が足りないものですので、勃起力や精力が減退している方は食事内容を見直したり、精力剤などサプリメントで足りない成分を補うことも重要になってきます。

ペニス増大の方法まとめ

ペニス増大 まとめ

 

ペニスを大きくするには、海綿体への血液供給を増やすことが一番です。そのため、以下の項目に注意する必要があります。

 

 1.血行不良を起こさないようにする
→血液をサラサラにしたり、運動することで血行を良くする。

 

 2.フル勃起する回数と持続時間を増やす
→フル勃起しやすくなる癖をつけるのと、長時間の勃起に体を慣らす。

 

 3.定期的、可能なら毎日射精し、精子の生産力を維持する
→精子を作る機能、もっと言えば精巣の機能を維持し、精子の生産や男性ホルモンの分泌を促進させる。

 

 4.サプリメントで足りない成分を補う
→アミノ酸や亜鉛といった体に必要だが不足している成分を補い、勃起力を維持しやすいように、体内環境を整える。

 

 5.継続して行う
→これらのトレニンーグは一朝一夕で効果が出るものではないので、できるだけ長く、継続して取り組む。

 

筋トレと同様に、トレーニングとサプリメントによる食事の改善を併用することで、勃起時のペニスをより大きく、硬く、そして長く持つようにできます。

 

しかし、あくまでこれらのトレーニングは続けることで効果を発揮しますので、続けられるような内容でトレーニングメニューを組むのも重要になります。

 

⇒ペニス増大に効果的な成分を含む精力剤「サイズアップXL」の詳細はコチラ

このページの先頭へ